たねのおと 〜neverLand

つながる振動数。タネの響きを言葉に代えて。

岩国天神社

f:id:neverland2001:20201029082008j:plain

 

随分放置してありました。

その間に季節が変わりました。
10月も終わりですが、
8月からあっという「マ」に時間が過ぎてしまいました。
沖縄・東京・京都・奈良・大阪、そして愛知
この6つを行ったり来たり、
「忙しくて」という言い訳の最後がこの岩国天神社。
ようやく、しばらく家に滞在して、
今、自分に起きていること、フトしていることを味わえる時間が作れそうです。

 

f:id:neverland2001:20201029082028j:plain

 

 

大阪の生徒さんが、教えてくれた不思議な神社。
その場所のことを伝えてくださる方に会えるといいます。
是非にとお願いして、決まった日が
一週間あちこち飛び回る最後の日でした。

カタカムナの聖地だと言われるその場所で待っていてくれたのは
確かに、
普通の中にカタカムナを混在させて、それとは言わずに語るひろこさん。

10年間
その場所をずっとお掃除し続けてきたのだとか。

不思議な様相に初めは驚きましたが、
3時間ほど経つと最初に語られていたこととは少し趣を変えた
本当の気持ちを伝えてくださいました。

宗像三女神が大事だと言われる方がいるのですが、それはどうなのでしょうか?」

神様のことをずっと聞かせていただいていたので、
そんな質問が最後の最後に参加者の中から飛び出しました。

そのお答えに

「私はね。
 神様が人を動かしたりはしないと思うの。
 人間界のことには干渉しないと思うの。」

それは、ずっと私が抱き続けた信念のようなもの。

確かに、神がかり、神の名前を伝えられる人もいるでしょう。
それは事実であり、その方の真実でもあるのだろうけど、
私は、今回の人生、自分で生きていたいと思い続けきましたから
この方のこの言葉は響きました。

「自分であり続けたい」

そう思っている方がここにもいるのだなと。

見えない世界も見える世界も、
風のように揺らいで、行き来できる普通の感覚でいたいと。

 

f:id:neverland2001:20201029081923j:plain

 

磐座が点在する神社の中で、
大きな岩の上に横なって空を見上げたら、
昼にも関わらず、木々から漏れる光。
それはまるで、たくさんの星が瞬いているように見えました。
宇宙からの宇宙線は、こうしている私の上にも
降り注いでいて、何かを変容させてくれている。

古代の人たちも、
きっとこんな風に空を見上げていたに違いない。

 

f:id:neverland2001:20201029082018j:plain

 

精神文明の中心になると言われている東経135度ライン。

精神文明の中心地を選んだら、それは物質文明になってしまう。
そうではなくて、
精神文明が花開いたら、物質世界で東経135度ラインが
中心になるという意味ではないかとひろこさんは伝えてくれました。

私たちの精神的な生命エネルギーが
さらに高まり、「ア」と「イ」が結びつき
自分の中に精神文明の中心点が顕れ出た時、
どこも穏やかで美しい世界が広がるのでしょうね。
ここで感じた、鳥の声や、風の音のような。

 

マヤ暦 52歳でボーダーを超える

f:id:neverland2001:20201005133837j:plain

こんにちは

 

ご訪問ありがとうございます。

 

沖縄入りから始まった10月。

東京を周り、先ほど、愛知に戻りました。

写真は10/1   1日だけの沖縄滞在の日の朝の海の風景。

 

あぁ 朝起きて こんな視界が広がっていたら

どんなにか幸せになれるだろうか。と思った。

 

 

 

neverland2001.hatenablog.com

 

2年前の春

こんな記事を書いてた。

 

今回、東京の講座で、マヤ暦 52歳でボーダーを超えるという話の流れになりました。

これは、たまたま、偶然の話の流れで

境界線という話になり、
そういえば 52歳の年にボーダーを超えるといいと言われ、

海外はなぁ…と思っていたら

「北海道」は、本州以西との紋章とは違って、海外に行ったことになるからと教えてくれる人がいて、ノープランで訪ねた北海道での出会い。

 

忘れていたけど
ピンクと黄色の自分の本質に戻りなさい。と言われていたのだなぁ。

 

あの年、
あのボーダーを超えたことで、

間違いなく「開いた」扉がある。

 

その後、本当に国境を越えてドイツとイスラエルに行くことになったのだけど

今 こんなに毎月バタバタと動くようになったのは

あの52歳のボーダー越えが、重く閉ざした「思い」を開いてくれたからに違いないと思える。

 

f:id:neverland2001:20201005135305j:plain

 

とてつもなく、大きな翼をいただいたよう。

 

 

 

そして その「動き」は、

さらに

人と人との大きな関係性と
その関係性から生まれる向上性をもたらしてくれています。

 

 

沖縄ー東京ー愛知 帰りに

自宅近くの駅から、トボトボと徒歩でスーツケースをゴロゴロ押しながら歩く。

青い空を見上げて、一言。

 

 

周りにどんな「風」が吹いていても、私は自由だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

満月、楽しみが積み上がります。

f:id:neverland2001:20201002000058j:plain

 

10月1日
10月に入りました。

ご訪問ありがとうございます。

いよいよ、2021年が近くに感じる季節に突入ですね。

 

 そして 満月。

今回は一眼が手元になく、携帯で撮影した一枚

 

f:id:neverland2001:20201002062938j:plain

 

中秋の名月でした。

最近は、移動が多くて、なかなか腰を落ち着かせて何かをすることが

できなかった日々でしたが、
今月の中頃から少し余裕が出てくるはず。

そう期待して。

満月に祈りました。

 

様々なことが変化していく時。

去年の今を思えば、この状況など想像もしなかった未来の中にいて、

消えていく「イノチ」も
生まれくる「イノチ」も

変化といえば変化なのだけど

でも、心の残る感情は変化というより

どんどん 積み上がって「カタチ」をなしているように思うから、
だから、
「積み上げる」作業を手抜かりなく、その時の精一杯で刻めるように、と。

そして、
高く積み上げればあげるほど見える世界は広がるから、
何かひとつ認識した途端に、いろんなことが芋づる式に見えてきて、
あぁ、こういうことなのか。こういうことだったのかと理解できる。

 

例えば、手付かずでしばらく置いておいたクリームソーダ

ある瞬間に何もしていないのに突然と吹きこぼれていくように。

この瞬間も

未来の何かになっているんだな。

 

牡羊座の満月

今月は10/31にもう一度満月がやってくる。
その満月を見ると幸せになれるらしい。

 

楽しみが積み上がります。

 

 

 

 

「イノチ」を持ち続けているものたちは、いつも、変容し続けている。

f:id:neverland2001:20200916061650j:plain

 

おはようございます。

ほぼ 一ヶ月近くがあっという間に経ってしまいました。
前の更新が8月17日。

この30日

たくさんの出来事で目まぐるしく変化していく日常に
表面的な気持ちが全く追いつけず。

少し前に、
「忙しい」と言っていたのとは、種類の違う「忙しさ」で、

「寝ている場合じゃない」から
「寝ないと、こなせない」という流れに変わりました。

 

見ている目線が違うと捉え方が変化するとはこのことなのか。

時間の密度が変わったのですよね。

 

実はこのブログ

始まりは、とあるネット関係で成功した方のアドバイスで始めたもので、
当初は
「必ず…してください」という括りがありました。

1000文字以上書くこと
タイトルは長めに その他、色々の決まりごとをクリアして初めてアップできるみたいな。

 

その制約から離れて、一年以上。

私らくしないなと気付いた時から、書けなくなってきたことも事実です。

 

 

f:id:neverland2001:20200916062420j:plain

 

 

密度の濃い時間がもたらしたもの

 

今こそ 誰のマネでもなく

自分の翼を広げて 悠々と 生きながらえよう。

 

そんな「思い」でした。

 

 

「忙しさ」のご褒美として時折見せてくれる「空模様」は

一瞬の刹那を刻んでくれます。

大自然の前では

この世の取り決めなど、存在しないことに気付かされます。

 

太陽と共に声が響く鳥たちからの挨拶は

自分の心の在りようで受け取り方が違う。

 

そんな風に自分を俯瞰して見続けていたら

「自分が」「自分が」という気持ちが薄らいでいきます。

f:id:neverland2001:20200916063009j:plain

 

「全ては流れ続け、形、姿を変え続けている」

 

空は一瞬として同じ相・スガタを見せてはくれません。

 

今も、

全ては 刻々と 変容を続けている。

 

f:id:neverland2001:20200916063256j:plain

 

「イノチ」を持ち続けるものたちは、

みんな、変わり続けています。


このブログも、変わり続けることで、
「イノチ」を持ち続けていくのでしょうね。

 

 

文明を際立たせていくのもリズム 滅ぼすのもリズム

f:id:neverland2001:20200817101404j:plain

 

 

こんにちは

ご訪問ありがとうございます。

 

前回の投稿が 7/21

そろそろ一月になる感じですね。

いやぁもう 展開が早くて時間もなかった。

もうひとつは、

この暑さで

PCというモノの前に着地することことをしてなかったというか。

 

とにかく 暑すぎる。

 

命の危険を伴う暑さって 小さな頃には経験したことがない。

一昨日も車に乗ったら車外温度は47度を示していて尋常じゃない感じを受け取りました。

 

 

とはいえ、朝は爽やかな秋の風かと思わせる風が。

 

 

「心を鎮めて、風を感じなさい。そして、波の音を聞くの」

 

大好きなアロハスピリットを感じさせてくれる本の一文。

 

自然と一体になるには「心を鎮めること」

 

人は、大脳が進化し、記憶という膨大な情報量を蓄積することを可能にした動物。

この「心を鎮めること」とは

膨大な蓄積した情報量を黙らせることとイコールなのかもしれない。

 

f:id:neverland2001:20200817112704j:plain

 

原住民族は、言葉などなくアリのまま、素のままでいたのでしょう。

自然に表された世界で生きるのに、言葉などいらなかったのだと思う。

現に、私と愛犬には言葉などなくても通じ合えるものがあるけど

人と人の繋がりは、「言葉」で確認しないとわからない「何か」がある。

それは、一体なんだろうなと思っていました。

 

だから、なるだけ 言葉を使わない暮らしをしようとしていたら…

展開が早くなりました。笑

 

10年以上も前に、出会っていた「モノ」

棚に置いていたことさえも忘れていたものを再度手にした時に

見ている視点が広がりました。

 

 

「リズム」なんですよね。

文明を際立たせていくのもリズム
滅ぼすのもリズム

 

この、根底に流れる自然界の「リズム」を忘れた時

ひとつひとつ 大切なものが終わっていくことに気づいたら

 

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

 

にわかにこの聖書の言葉が思い起こされ、どういうことだろうかと考え始めました。

 

 

 

今 太陽は2極から4極になり

まるで、細胞が細胞分裂するかのように、次の次元へと移行しています。

それが、2012頃のこと。

 

www.skysky.info

 

地球だけではなく、太陽系に広く影響を与える太陽の進化。

これは、かつてもあったようですね。

そして、生きとし生けるものも、さらなる進化の発展途上。

そんな時に、コロナ。

これにも、何か深い意味があるのでしょうけど、真っ只中ではわかりようがありません。

 

でも、自分発展途上の最中に出会えた、

日本だけではなく世界の古代文献。

どれもこれも、失わずに残されてきたのは

今の文明に流れさずに守られてきたからのようで。

最初にあったものは「ことば」ではないと確信しました。

 

言葉のない世界で生きる方法はそんなに難しいことじゃなくて

ただただ リズムを自然界のリズムに同期していけばいい。

 

そうすると、

今までできていた現実的なことが

だんだんできなくなってきます。笑

 

計画を立てても全く進まず。

逆にノープランの方がサクサクっと。

 

結果、自然のリズムに「計画」などというものは存在しないのでしょうね。

 

 

 

確かに。

 

 

 

 

 

 

 

つながり」の再確認です。

f:id:neverland2001:20200721151326j:plain

 

こんにちは

 

ご訪問ありがとうございます。

 

本当に色々とあった7月でした。

そのおかげで

色々と模索し

新しい道が準備されていたことに気づかされます。

 

 

「知らない」ということで

範囲を狭められていることに気づきました。

 

蟹座の新月

 

心地いいスタートが切れるように、

今朝から「つながり」の再確認です。

 

 

 

気持ちだけでなくて

「モノ」に対しても

「つながり」の再確認。

 

古い意識が透けて見える「モノ」を

とにかく 

8/8のライオンゲートオープンの日までにリセットしよう。

 

そんなことを思っています。

 

 

 

「モノ」に悪意はないから。

 

前回の断捨離の時

誰かが私にかけてくれた言葉。

 

確かに、その時はそう思ったのですが、

宮古島から戻ってきて

「そう思った自分」さえも、かなり過去になってしまっていることに気づいた次第です。

 

 気が付いてみると

「所有」という言葉を認識しているのは「人間」だけかもしれない。

動植物たちが所有しているものって、

自分の「イノチ」だけなのかもしれないなぁって思います。

それなのに、しっかりと種の保存だけはして、というか

それが使命というか。

私たちの「使命」は複雑になり過ぎてしまったのかもしれません。

 

 

 

 

 

あと10日で8月。

 

 

素朴な夏空が広がりますように。

 

 

 

 

 

 

気持ちいいくらい、きっぱりした 青でした。

f:id:neverland2001:20200715163610j:plain

こんにちは

 

ご訪問ありがとうございます。

 

快晴です。

所用があり名古屋に行き、帰ってきて駐車場から見上げた時の「空」

 

あわせて、

セミが鳴き始めました。

 

夏ですね。

 

 

この空のように 気持ちはまっさらの真っ青です。

 

 

人と人のつながりで

ずっとずっと助けられてきて

今もまた、

繋がりがもたらしてくれた「ご縁」に助けられました。

 

今日は本当に素敵な方 お二人に出会えて

こんな風に仕事をしたいと心から思いました。

 

写真の空のように

滞るところのない生き方。をされているようにしか見えない。

言わなくても 伝わる振動です。

 

 

本来であれば 出会うはずのない人々。

出会うために、起きた数々のことは

それは、いわゆる「ないほうがいいこと」だけど

「この方達」に私が会いたかったんだ。とさえ思えます。

 

 

だから、

きっと、

多分

 

 

全ては自分のために起きている。

 

 

 

気持ちいいくらい、きっぱりした 青でした。