たねのおと 〜neverLand

つながる振動数。タネの響きを言葉に代えて。

「イノチ」を持ち続けているものたちは、いつも、変容し続けている。

f:id:neverland2001:20200916061650j:plain

 

おはようございます。

ほぼ 一ヶ月近くがあっという間に経ってしまいました。
前の更新が8月17日。

この30日

たくさんの出来事で目まぐるしく変化していく日常に
表面的な気持ちが全く追いつけず。

少し前に、
「忙しい」と言っていたのとは、種類の違う「忙しさ」で、

「寝ている場合じゃない」から
「寝ないと、こなせない」という流れに変わりました。

 

見ている目線が違うと捉え方が変化するとはこのことなのか。

時間の密度が変わったのですよね。

 

実はこのブログ

始まりは、とあるネット関係で成功した方のアドバイスで始めたもので、
当初は
「必ず…してください」という括りがありました。

1000文字以上書くこと
タイトルは長めに その他、色々の決まりごとをクリアして初めてアップできるみたいな。

 

その制約から離れて、一年以上。

私らくしないなと気付いた時から、書けなくなってきたことも事実です。

 

 

f:id:neverland2001:20200916062420j:plain

 

 

密度の濃い時間がもたらしたもの

 

今こそ 誰のマネでもなく

自分の翼を広げて 悠々と 生きながらえよう。

 

そんな「思い」でした。

 

 

「忙しさ」のご褒美として時折見せてくれる「空模様」は

一瞬の刹那を刻んでくれます。

大自然の前では

この世の取り決めなど、存在しないことに気付かされます。

 

太陽と共に声が響く鳥たちからの挨拶は

自分の心の在りようで受け取り方が違う。

 

そんな風に自分を俯瞰して見続けていたら

「自分が」「自分が」という気持ちが薄らいでいきます。

f:id:neverland2001:20200916063009j:plain

 

「全ては流れ続け、形、姿を変え続けている」

 

空は一瞬として同じ相・スガタを見せてはくれません。

 

今も、

全ては 刻々と 変容を続けている。

 

f:id:neverland2001:20200916063256j:plain

 

「イノチ」を持ち続けるものたちは、

みんな、変わり続けています。


このブログも、変わり続けることで、
「イノチ」を持ち続けていくのでしょうね。