たねのおと 〜neverLand

つながる振動数。タネの響きを言葉に代えて。

文明を際立たせていくのもリズム 滅ぼすのもリズム

f:id:neverland2001:20200817101404j:plain

 

 

こんにちは

ご訪問ありがとうございます。

 

前回の投稿が 7/21

そろそろ一月になる感じですね。

いやぁもう 展開が早くて時間もなかった。

もうひとつは、

この暑さで

PCというモノの前に着地することことをしてなかったというか。

 

とにかく 暑すぎる。

 

命の危険を伴う暑さって 小さな頃には経験したことがない。

一昨日も車に乗ったら車外温度は47度を示していて尋常じゃない感じを受け取りました。

 

 

とはいえ、朝は爽やかな秋の風かと思わせる風が。

 

 

「心を鎮めて、風を感じなさい。そして、波の音を聞くの」

 

大好きなアロハスピリットを感じさせてくれる本の一文。

 

自然と一体になるには「心を鎮めること」

 

人は、大脳が進化し、記憶という膨大な情報量を蓄積することを可能にした動物。

この「心を鎮めること」とは

膨大な蓄積した情報量を黙らせることとイコールなのかもしれない。

 

f:id:neverland2001:20200817112704j:plain

 

原住民族は、言葉などなくアリのまま、素のままでいたのでしょう。

自然に表された世界で生きるのに、言葉などいらなかったのだと思う。

現に、私と愛犬には言葉などなくても通じ合えるものがあるけど

人と人の繋がりは、「言葉」で確認しないとわからない「何か」がある。

それは、一体なんだろうなと思っていました。

 

だから、なるだけ 言葉を使わない暮らしをしようとしていたら…

展開が早くなりました。笑

 

10年以上も前に、出会っていた「モノ」

棚に置いていたことさえも忘れていたものを再度手にした時に

見ている視点が広がりました。

 

 

「リズム」なんですよね。

文明を際立たせていくのもリズム
滅ぼすのもリズム

 

この、根底に流れる自然界の「リズム」を忘れた時

ひとつひとつ 大切なものが終わっていくことに気づいたら

 

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

 

にわかにこの聖書の言葉が思い起こされ、どういうことだろうかと考え始めました。

 

 

 

今 太陽は2極から4極になり

まるで、細胞が細胞分裂するかのように、次の次元へと移行しています。

それが、2012頃のこと。

 

www.skysky.info

 

地球だけではなく、太陽系に広く影響を与える太陽の進化。

これは、かつてもあったようですね。

そして、生きとし生けるものも、さらなる進化の発展途上。

そんな時に、コロナ。

これにも、何か深い意味があるのでしょうけど、真っ只中ではわかりようがありません。

 

でも、自分発展途上の最中に出会えた、

日本だけではなく世界の古代文献。

どれもこれも、失わずに残されてきたのは

今の文明に流れさずに守られてきたからのようで。

最初にあったものは「ことば」ではないと確信しました。

 

言葉のない世界で生きる方法はそんなに難しいことじゃなくて

ただただ リズムを自然界のリズムに同期していけばいい。

 

そうすると、

今までできていた現実的なことが

だんだんできなくなってきます。笑

 

計画を立てても全く進まず。

逆にノープランの方がサクサクっと。

 

結果、自然のリズムに「計画」などというものは存在しないのでしょうね。

 

 

 

確かに。